元徴用工訴訟 日本製鉄の韓国内資産売却、当初より時間かかる見通し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 韓国の元徴用工らを巡る訴訟で、原告側代理人は1日、賠償命令を受けた日本製鉄が保有する韓国内の資産の売却命令の決定までに、当初より時間がかかる見込みだと発表した。代理人によると、売却命令を裁判所に申し立てた5月1日を起点に7~8カ月以上かかるとみられるという。

 代理人が売却命令を申請した大邱(テグ)地裁…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

あわせて読みたい

注目の特集