メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川貴教さん「びわ湖の日」でニゴロブナの稚魚40万匹寄付 清掃活動にも参加

ニゴロブナの稚魚を寄付する西川貴教さん(左)=滋賀県守山市木浜町の木浜漁港で2019年7月1日午前9時2分、礒野健一撮影

 琵琶湖への思いを新たにし、環境について考える「びわ湖の日」の1日、滋賀県内各地で清掃活動や環境に関する学習会が開かれた。同県守山市木浜町の木浜漁港では「滋賀ふるさと観光大使」を務めるアーティストの西川貴教さんが、琵琶湖固有種「ニゴロブナ」の稚魚約40万匹を県漁業協同組合連合会に寄付し、港周辺の清掃活動にも参加した。

 ニゴロブナは昨年9月、同県草津市の烏丸半島であった「イナズマロックフェス2018」でのチャリティー…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 最長政権 /4 正念場の領土、拉致

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです