メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渋谷スクランブル交差点を再現 撮影用に 栃木・足利

栃木県足利市に設営される「渋谷スクランブル交差点」のオープンセットのイメージ図=足利市提供

 栃木県足利市はこのほど、東京・渋谷のスクランブル交差点を再現した撮影用のオープンセットを設営する用地として、同市五十部町の市有地(約1.5ヘクタール)を貸し出すと発表した。期間は7~12月の半年間で、民間の映像美術会社が原寸大の「渋谷の街」をつくり上げる。

 セットをつくるのは、「ヌーヴェルヴァーグ」(東京都世田谷区、赤石賢社長)。市によると、渋谷のスクランブル交差点は「アジアのアイコン」として海外プロダクションなどからもロケの需要が高く、同社は再現可能な場所を探していた。市は「映像のまち」を掲げており、市内数カ所を候補地として提案し、運動公園として使われている旧足利競馬場の一部に設営が決まった。

 セットはスクランブル交差点を中心に、ハチ公前広場や渋谷センター街入り口のアーチ、スターバックスコーヒーなど周辺の街並みを忠実に再現する。すでに映画やドラマなど複数作品の撮影が決まっているという。

 市映像のまち推進課は「話題性もあり、今後の撮影需要につながることを期待している」としている。【太田穣】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです