日本の商業捕鯨再開 「期待と不安が入り乱れての出港」 販路の開拓も課題

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
商業捕鯨再開に感想を述べる貝良文・日本小型捕鯨協会会長(中央)=北海道釧路市で2019年7月1日午前8時半、貝塚太一撮影
商業捕鯨再開に感想を述べる貝良文・日本小型捕鯨協会会長(中央)=北海道釧路市で2019年7月1日午前8時半、貝塚太一撮影

 日本の商業捕鯨が1日、31年ぶりに再開され、北海道・釧路港と山口県・下関港を出発した捕鯨船がクジラを追った。捕鯨関係者からは悲願の商業捕鯨再開に喜びの声が上がるが、鯨肉消費量は大幅に落ち込んでいるほか、資源が豊富な南極海で捕鯨ができなくなるなど不安も大きい。日本人のクジラ離れが進む一方で、反捕鯨国など国際的な批判は強く、日本の捕鯨を取り巻く環境はなお厳しい。

 「ようやく商業捕鯨が再開されることになり感無量だ」。小型捕鯨船5隻が出港した北海道・釧路港で、日本小型捕鯨協会の貝良文会長は喜びを語った。1日、捕獲したクジラ2頭のうち1頭はメスで体長8.3メートル、体重5.6トン。これまで調査捕鯨で捕ったミンククジラと比べ最大級という。

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1114文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集