メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

履き替えにも苦労するのになぜ? スポーツカーが前後で異なるサイズのタイヤを履いている理由

情報提供:カートップ

履き替えにも苦労するのになぜ? スポーツカーが前後で異なるサイズのタイヤを履いている理由

電子制御を含めた前後のバランスが重要になっている

 コンパクトカーや普通のセダンの場合、前後のタイヤは同サイズというのがスタンダードだが、F1をはじめとするレーシングカーや、本格的なスポーツカーでは、フロントタイヤより、リヤタイヤを大きくするのは珍しくない。

タイヤサイズ

 ハイパフォーマンスカーでも、4WDモデルは前後同サイズのクルマも多いが、後輪駆動の本格スポーツカーは、前後のタイヤサイズが違うことが半ば標準化してきている。

 たとえば、F1マシンはフロントのタイヤ幅が305mm、リヤは405mm(前後とも13インチ)。新しいスープラ=GRスープラ(RZ)もフロント255/35-19・リヤ275/35-19と前後異なるサイズのタイヤを履く。

タイヤサイズ

 その理由は簡単にいえば、前後のタイヤが受け持つ仕事量に差があるから。前記のGRスープラを例にすると、後輪だけで340馬力のパワーを地面に伝えなければならないので、後輪を太くしてトラクションを確保するべく、仕事量に見合ったサイズにしているというわけ。

タイヤサイズ

 一方、後輪駆動車のフロントタイヤは駆動力がかからず、操舵力を伝え、荷重を支え、制動力を伝えるのが主な仕事なのでリヤタイヤほどのキャパはいらない。

 タイヤは太ければ太いほどいいわけでなく、ステアリング感覚やワンダリング、乗り心地などは、細いタイヤに分があるし、バネ下重量の軽減にもなるので、後輪駆動のハイパワー車のフロントは、やや細めのタイヤを履いて、前後のバランスをとるようメーカーは設計している。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです