メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

外国人技能実習生の孤立防げ 相棒は地域住民 最多の愛知で新制度導入

バディーの子どもたちと手をつなぎ、スタンプラリーをする技能実習生たち=愛知県高浜市で、太田敦子撮影

 全国で外国人技能実習生の数が最も多い愛知県で、受け入れ団体が「バディー(仲間、相棒)制度」を導入した。地域住民が実習生一人一人の相棒となり、その生活を見守る仕組みだ。移民、難民が急増したベルギー・メヘレン市が取り入れ、効果を上げたことでも知られる。今後も拡大する技能実習生との共存に向けた新たな試みに注目が集まる。

 「こんにちは!」。休日の朝、愛知県高浜市の住宅街にある古民家で、子どもたちの声が響いた。技能実習生…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです