メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 ミス連発、大坂初戦敗退

 テニスのウィンブルドン選手権第1日は1日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス1回戦で第2シードの大坂なおみ(日清食品)が世界ランキング39位のユリア・プティンツェワ(カザフスタン)に6-7、2-6で屈した。大会後発表のランキングで世界1位に返り咲く可能性がなくなった。

 大坂はミスが多く、4大大会で2017年全仏オープン以来9大会ぶり2度目の初戦敗退。プティンツェワに3戦全敗となった。

 同種目で1968年のオープン化以降最年少でウィンブルドンの予選を突破した15歳のコリ・ガウフ(米国…

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです