連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

安倍政権は「弱者」の味方なのか? 隠された部分にこそ注目を 野党は具体的な対案必要

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「骨太の方針」を議論した経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(右列手前から2人目)=首相官邸で2019年6月11日、川田雅浩撮影
「骨太の方針」を議論した経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(右列手前から2人目)=首相官邸で2019年6月11日、川田雅浩撮影

 これって本来は野党が掲げるべき政策では--。参院選を控え、安倍晋三政権は就職氷河期世代を集中支援するとして3年間で正規雇用30万人増を目指すことなどを盛り込んだ経済財政運営の指針「骨太の方針」を閣議決定した。働き方改革では「同一労働同一賃金」推進の旗も振った。果たして社会的弱者や労働者の味方なのか?【沢田石洋史】

 安倍政権の施策は生活困窮者や高齢者らの暮らしの救いの手になっているのか。まずは、社会保障に詳しい東京大名誉教授の大沢真理さんを訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り2437文字(全文2663文字)

あわせて読みたい

注目の特集