メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松竹大歌舞伎

巡業 松本白鸚と幸四郎、一期一会の舞台を

左から松本幸四郎、松本白鸚=小玉祥子撮影

 二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎襲名披露の「松竹大歌舞伎」巡業が、6月30日から7月31日まで全国各地で催されている。一門以外に市川猿之助が参加。演目は「口上」▽「引窓(ひきまど)」(幸四郎の南与兵衛(なんよへえ)後に南方十次兵衛(なんぽうじゅうじべえ)、白鸚の濡髪長五郎、市川高麗蔵のお早、松本幸雀のお幸)▽「かさね」(幸四郎の与右衛門、猿之助のかさね)。

 「引窓」は、上方狂言の名作。人をあやめてお尋ね者となった力士濡髪と実母のお幸、お幸の義理の息子で代…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. ヤフーとラインが「経営統合の検討」発表

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです