メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
美食地質学入門

第16講 焼酎 シラスへっちゃら、サツマイモの蜜

島美人の5銘柄と、アオサ入りのだしでいただくブリしゃぶ(左)とたたき(手前)、赤土ジャガイモとの煮物(右)、カマ焼き=松井宏員撮影

 「焼酎とシラス台地のオイシイ関係を味わいに行きませんか?」。焼酎好きのマグマ学者、巽好幸先生がささやく。行きますとも。というわけで、鹿児島空港に降り立った。

 大引伸昭先生(エコール辻大阪)とともに車で早速フィールドワークへ。

巽「いまシラス台地の上です。平らな場所だから、ここに空港を造った」

 ■姶良カルデラ噴火で

 左の標高図をご覧いただこう。鹿児島空港があるのは、鹿児島湾のすぐ北の平らな部分で標高は約270メー…

この記事は有料記事です。

残り2602文字(全文2809文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです