メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価

青森・新町通り、首位 むつで92年以来の上昇 /青森

最高路線価

 仙台国税局は2日、2019年分の路線価を発表した。県内7税務署管内の最高路線価は、むつ税務署管内で上昇し、五所川原税務署管内で下落。その他の5税務署管内で横ばいだった。路線価が県内で最も高かったのは青森税務署管内の新町通り(青森市新町1)で、4年連続で同額の15万5000円(1平方メートル当たり)だった。

 最高路線価が上昇したのは、むつ税務署管内の国道338号通り(むつ市中央2)で、3・2%上昇の3万2…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです