メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

水戸・アンティーク家具「百年百貨店」 元しょうゆ蔵に味わいある品々 /茨城

アンティーク家具が並ぶ店内。内装はしょうゆ蔵だった頃とほぼ変わっていないという=水戸市元台町で

 水戸市元台町の県道180号沿いに、使われなくなった「しょうゆ蔵」にアンティーク家具を並べた店がある。蔵は1903(明治36)年の建築と伝えられている。店内の梁(はり)や柱にはこうじ菌が黒くこびり付き、往時をしのばせる。

 しょうゆ蔵に新しい命を吹き込んだのは、家具職人でオーナーの小橋博之さん(46)。ひたちなか市でアンティーク家具店を営んでいたが、使われていない蔵を知人から紹介され、2018年7月に店を移転した。

 約70坪の広々とした空間に、味わいのある家具約50点が並ぶ。足踏み式のミシン台やペンキで汚れた作業…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです