メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢崎市

患者遺族と和解 2500万円支払いへ /群馬

 伊勢崎市は1日までに、伊勢崎市民病院(連取本町)に入院していた女性(当時77歳)が2016年3月に死亡したのは病院提供の食事を喉に詰まらせたことが原因などとして、前橋地裁に民事訴訟を起こしていた遺族に対し、損害賠償として2500万円を支払うと決めた。同地裁の和解勧告に従ったもので、28日の市議会本…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです