横浜港ハーバーリゾート協会

カジノ構想に代替案 クルーズ船、F1など誘致 市に要望書 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
F1コースやディズニー・クルーズ船の拠点などを盛り込んだ構想のイメージ図=横浜港ハーバーリゾート協会提供
F1コースやディズニー・クルーズ船の拠点などを盛り込んだ構想のイメージ図=横浜港ハーバーリゾート協会提供

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を巡り、カジノに頼らず港の観光開発を目指す「横浜港ハーバーリゾート協会」(藤木幸夫会長)は1日、設立集会を開いた。横浜市に対し、カジノ導入に反対する要望書を先月提出したことを明らかにしたうえで、山下ふ頭にディズニーグループのクルーズ客船やF1世界選手権などを誘致する構想を発表。導入の可否を検討している市に対し、カジノの「代替案」を示した形だ。【田中義宏】

 構想の主な柱は、山下ふ頭(約47ヘクタール)に、国際自動車連盟(FIA)が主催する自動車レースの最高峰のF1が開催できる常設コースの整備と、クルーズ船会社「ディズニー・クルーズ・ライン」が運航する大型クルーズ船の寄港拠点の設置。約25ヘクタールのMICE(国際会議場、見本市など)施設や中長期滞在型ホテル、コンサートホールという集客施設や、山下ふ頭の歴史を紹介する記念館も作る。協会が主導して事業会…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文781文字)

あわせて読みたい

注目の特集