メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価

24年連続下落 観光客増 旧軽銀座は上昇 /長野

 関東信越国税局は1日、2019年の路線価を公表した。県内約5400地点の平均変動率は前年比0・3%マイナスで、24年連続の下落となった。

 軽井沢町の旧軽井沢銀座通りは、税務署別の最高路線価で唯一上昇。県内の算定を担当した不動産鑑定士は「旧軽井沢銀座通り周辺は北陸新幹線の金沢駅延伸や外国人観光客の増加などで観光客が増えており、地価が上昇している」と見る。

 一方で、税務署別の最高路線価の対前年変動率は10署のうち長野など6署で横ばい。木曽町福島の本町通り…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  3. 野党4党、国会40日間延長申し入れ 「桜を見る会」審議求め

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです