メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価

11年連続で下落 最高は静岡・呉服町通り /静岡

40年連続で県内最高路線価となった紺屋町名店街呉服町通り=静岡市で

 国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる今年の路線価を発表した。県内13税務署管内(約9000地点)の変動率の平均は前年比0・6%減で、11年連続の下落となった。県内の最高路線価は静岡市葵区紺屋町の「紺屋町名店街呉服町通り」の120万円(前年比1・7%増)で、40年連続1位だった。

 路線価は、道路に面した宅地1平方メートル当たりの標準額。評価は毎年1月1日時点。国土交通省の地価公示価格の8割程度。地価公示価格や売買実例価額、不動産鑑定士による鑑定評価額などから算出する。

 県内13税務署ごとの最高路線価の所在地は、前年と同じだった。「紺屋町名店街呉服町通り」に次いで、浜…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1268文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです