メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖の日

西川さん、ニゴロブナを寄付 「イナズマロック」売り上げで 守山 /滋賀

ニゴロブナの稚魚を寄付する西川貴教さん(左)=滋賀県守山市木浜町中島の木浜漁港で、礒野健一撮影

 琵琶湖への思いを新たにし、環境についてを考える「びわ湖の日」の1日、県内各地で清掃活動や環境に関する学習会が開かれた。守山市木浜町の木浜漁港では「滋賀ふるさと観光大使」を務めるアーティストの西川貴教さんが、琵琶湖固有種「ニゴロブナ」の稚魚約40万匹を県漁業協同組合連合会に寄付し、港周辺の清掃活動にも参加した。

 ニゴロブナは昨年9月、草津市の烏丸半島であった「イナズマロックフェス2018」でのチャリティーオー…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです