個展

身近にある美、写真と木工で表現 森さん、京丹後で /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
作品を語る森建一郎さん=京都府京丹後市網野町で、塩田敏夫撮影
作品を語る森建一郎さん=京都府京丹後市網野町で、塩田敏夫撮影

 森建一郎さん(71)の初の個展「わたしの美しいモノ」が1日、京丹後市網野町のふく松喫茶(京都丹後鉄道夕日ケ浦木津温泉駅前)で始まった。地元の海岸で見る夕日をはじめ、身近にある美を15点の写真と21点の木工作品で表現した。8月31日まで(午前9時半~午後4時、火曜定休)。

 森さんは同市網野町在住。30年間、製麺業を営んできた。子ども…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

あわせて読みたい

注目の特集