メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特定外来生物

大和川にヌートリア 近くに遊具、町が対策検討 /奈良

大和河川敷で草を食べるヌートリア=奈良県王寺町で、熊谷仁志撮影

 王寺町の大和川左岸河川敷の遊歩道周辺で最近、生態系などに被害を及ぼす特定外来生物「ヌートリア」の目撃が相次いでいる。河川を管理する国土交通省の出先機関が餌付けしないよう呼びかける看板を6月26日に設置。近くには乳幼児も遊ぶ滑り台やブランコなど遊具がある。ヌートリアは鋭い前歯を持っているため、王寺町は捕獲を含めた事故防止策の検討を始めた。

 ヌートリアは南アメリカ原産で、大型のネズミの仲間。国内には軍用の毛皮採取のため戦時中に輸入・飼育さ…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです