メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風景を歩く

紙の古里 素朴な美 書家を魅了 /和歌山

落ち着いた雰囲気の「体験交流工房わらし」=和歌山県有田川町清水で

 紙は仏教の伝来と共に移入されたと言われている。要するに「経典」としてもたらされたわけである。紙漉きの技術がどの時点で伝わったのかははっきりしないようだが、国書を見る限り、とにかく紙の製法は何らかの形で伝わってきたらしい。

 紙漉きは川の上流の村落で興っている。紀の川や日高川、熊野川などの各水系の集落で、昭和の初めごろまでは組織的に漉かれた。言うまでもなく水がきれいである。これらの地域に楮(こうぞ)などの良質な原料が産したことから、製紙の技術が発達したのではないかと思う。

 有田川上流の有田川町清水地域(旧清水町)に興った「保田紙(やすだがみ)」も、その中の一つである。鎌…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文935文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです