メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご近所のお医者さん

車椅子、試乗してみて=特別養護老人ホームゆうらく(南部町) 細田庸夫さん /鳥取

 今回は福祉施設等に欠かせない車椅子です。歩くことが不自由になった人々の移動に役立っています。

 ごく普通の車椅子に健常者として試乗体験をしました。車椅子での移動は、自分で操作する場合と、他人に押して貰(もら)うなどの場合があります。今回は自分で「走る」自走体験です。

 基本的な構造は椅子に車輪を付けたものです。ブレーキは停(と)めた時に動かないようにする駐車ブレーキで、スピードを緩めるのには使いません。車の前輪に当たるのがキャスターと呼ばれる小車輪です。主輪の外側にハンドリムが付いており、手を使った前進と後進は、これを利用します。ハンドリムの日本語訳は見つかりませんでした。

 実際に自分で体験試乗したら、いろいろなことが分かりました。進むのは手だけではなく、足でも可能です。…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文925文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです