メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価

四国、27年連続の下落 前年比0.7%減 松山は4年連続上昇 /愛媛

 高松国税局は1日、2019年の路線価を発表した。全国の平均値は4年連続で上昇したものの、四国全体では0・7%減で27年連続下落。下落幅は0・3ポイント縮小した。県庁所在都市の最高路線価は、松山65万円(4年連続上昇)▽高松34万円(3年連続上昇)▽徳島30万円(前年比横ばい)▽高知21万円(27年ぶりの上昇)--だった。

 最も高かった松山市の大街道商店街は、5年連続で四国内トップ。高知市が27年ぶりに上昇したことについて、不動産鑑定士らは「ホテルの開業、クルーズ船寄港や外国人観光客増加などで回復傾向」と分析した。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです