メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価

四国、27年連続の下落 前年比0.7%減 松山は4年連続上昇 /愛媛

 高松国税局は1日、2019年の路線価を発表した。全国の平均値は4年連続で上昇したものの、四国全体では0・7%減で27年連続下落。下落幅は0・3ポイント縮小した。県庁所在都市の最高路線価は、松山65万円(4年連続上昇)▽高松34万円(3年連続上昇)▽徳島30万円(前年比横ばい)▽高知21万円(27年ぶりの上昇)--だった。

 最も高かった松山市の大街道商店街は、5年連続で四国内トップ。高知市が27年ぶりに上昇したことについ…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです