メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛大院生

鯨類学研究会など、2人が受賞 最優秀、優秀発表賞 /愛媛

「今後も課題を追究したい」と語る川辺陸さん(左)と向井幸乃さん=松山市文京町の愛媛大で、松倉展人撮影

 愛媛大大学院理工学研究科博士課程の川辺陸さん(23)と向井幸乃さん(23)が6月、日本セトロジー(鯨類学)研究会(東京)、日本環境化学会の環境化学討論会(埼玉)でそれぞれ最優秀発表賞、優秀発表賞を受賞した。

 徳島県牟岐町出身の川辺さんは「瀬戸内海のスナメリにおける有機ハロゲン化合物の経年変化と地理的分布」について発表。瀬戸内海にすむハクジラの一種・スナメリの体内に蓄積する有機汚染物質の経年変化を愛大の試料で調べたところ、PCBs(ポリ塩化ビフェニール)は2000年から2016年にかけてもほぼ10ppm(ppmは10…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです