メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

激しい雨と濁流 氾濫、浸水 避難、不安 /宮崎

大淀川が増水し河川敷の駐車場が水没した宮崎市役所(右)=宮崎市橘通の橘橋から2019年7月1日午後4時14分、塩月由香撮影

 活発化した梅雨前線が九州付近に停滞している影響で、熊本、宮崎、鹿児島各県は1日も大雨に見舞われた。鹿児島県薩摩川内市や宮崎県えびの市では1日午前に1時間の降水量が65ミリを超えるなど非常に激しい雨を観測。土砂崩れや河川の氾濫、家屋の浸水被害など各地で被害が広がり、鹿児島市本城町では土砂崩れに巻き込まれた70代女性が住民らに救出されるも、死亡が確認された。

 5段階ある警戒レベルのうち「4」にあたる避難指示や避難勧告が各地で出された。1日午後3時の時点で避…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです