政府

対韓輸出制限、先端技術も 「友好国」除外へ 徴用工対抗措置

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は1日、半導体製造などに使われる化学製品3品目の韓国向け輸出手続きを厳格化すると発表した。輸出契約ごとに政府が審査・許可する方法に切り替え、事実上輸出を制限する。今後他の品目にも制限対象を広げる方針で、半導体を主要産業とする韓国にとって大きな打撃となる。韓国最高裁が日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じた問題で、解決に向けた韓国政府の行動を促すため、事実上の対抗措置に踏み切った形だ。【松本尚也、ソウル堀山明子】

 徴用工問題で日本側は「日韓請求権協定で賠償問題は解決済み」と強く反発し、6月28、29日の主要20カ国・地域(G20)首脳会議までに韓国政府の対応を求めていたが、満足いく回答は得られなかったという。ただ、外交問題の解決手段として輸出制限措置を取る手法は、日本がG20などで提唱してきた自由貿易推進の方針に逆行する懸念もある。韓国の成允模(ソンユンモ)産業通商資源相は1日、「世界貿易機関(WTO)へ…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文892文字)

あわせて読みたい

注目の特集