連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

三原じゅん子議員の演説をファクトチェック 年金減額、安倍政権も 年平均1348円、民主党政権の倍

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院本会議で安倍晋三首相の問責決議案への反対討論をする自民党の三原じゅん子氏=国会内で2019年6月24日、川田雅浩撮影
参院本会議で安倍晋三首相の問責決議案への反対討論をする自民党の三原じゅん子氏=国会内で2019年6月24日、川田雅浩撮影

 <access>

 国会演説で「野党は愚か者」との発言が波紋を呼んだ三原じゅん子参院議員。年金問題を巡っては「民主党政権で年金支給額が引き下げられていたが、安倍内閣は全く違う」と発言していたが、果たして本当なのか。ファクトチェックしてみた。【吉井理記】

 6月24日、参院本会議。野党が出した安倍晋三首相の問責決議案に対し、三原氏が与党を代表し、反対の論陣を張った。「野党の皆さん、国民にとって大切な年金を政争の具にしないでいただきたい」と切り出し、「民主党政権のあの3年間、年金の支給額は、増えるどころか、何と引き下げられていたのです。安倍内閣は全く違います。今年、年金支給額はプラスになりました」と語ったのだ。

 厚生労働省年金課によると、民主党政権が発足した2009年度の標準的な厚生年金受給世帯(夫が40年間勤め、妻が専業主婦の2人世帯が年金を受け取り始める時)の受給月額は23万2592円で、政権最後の12年度は23万940円。3年間で1652円、1年平均で約551円減額されていた。

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1254文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集