メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホ決済

セブン参戦、年間500億円を還元 ファミマも開始

セブンペイによる決済を実演するセブン-イレブン・ジャパンの永松社長(左)=東京都千代田区で2019年7月1日、本橋敦子撮影

 セブン-イレブン・ジャパンは1日、スマートフォンに表示したバーコードを店員がレジで読み取って決済するサービス「7pay(セブンペイ)」を全国約2万1000店で始めた。例年の販促費用を上回る年間500億円以上をポイントやクーポンなどで還元して、キャッシュレス決済への移行を促す。

 無料クーポンや値引き情報が得られる既存の自社アプリ「セブン-イレブンアプリ」に決済機能を追加する。利用者は現金やクレジットカードなど…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです