メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スマホ決済

セブン参戦、年間500億円を還元 ファミマも開始

セブンペイによる決済を実演するセブン-イレブン・ジャパンの永松社長(左)=東京都千代田区で2019年7月1日、本橋敦子撮影

 セブン-イレブン・ジャパンは1日、スマートフォンに表示したバーコードを店員がレジで読み取って決済するサービス「7pay(セブンペイ)」を全国約2万1000店で始めた。例年の販促費用を上回る年間500億円以上をポイントやクーポンなどで還元して、キャッシュレス決済への移行を促す。

 無料クーポンや値引き情報が得られる既存の自社アプリ「セブン-イレブンアプリ」に決済機能を追加する。利用者は現金やクレジットカードなど…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです