スマホ決済

セブン参戦、年間500億円を還元 ファミマも開始

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
セブンペイによる決済を実演するセブン-イレブン・ジャパンの永松社長(左)=東京都千代田区で2019年7月1日、本橋敦子撮影
セブンペイによる決済を実演するセブン-イレブン・ジャパンの永松社長(左)=東京都千代田区で2019年7月1日、本橋敦子撮影

 セブン-イレブン・ジャパンは1日、スマートフォンに表示したバーコードを店員がレジで読み取って決済するサービス「7pay(セブンペイ)」を全国約2万1000店で始めた。例年の販促費用を上回る年間500億円以上をポイントやクーポンなどで還元して、キャッシュレス決済への移行を促す。

 無料クーポンや値引き情報が得られる既存の自社アプリ「セブン-イレブンアプリ」に決済機能を追加する。利用者は現金やクレジットカードなど…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

あわせて読みたい

注目の特集