メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

商業捕鯨、不安な船出 31年ぶりに再開 予算縮小、採算性が課題

調査捕鯨と商業捕鯨の違い

 日本の商業捕鯨が1日、31年ぶりに再開され、北海道・釧路港と山口県・下関港を出発した捕鯨船がクジラを追った。捕鯨関係者からは悲願の商業捕鯨再開に喜びの声が上がるが、鯨肉消費量は大幅に落ち込んでいるほか、資源が豊富な南極海で捕鯨ができなくなるなど不安も大きい。日本人のクジラ離れが進む一方で、反捕鯨国など国際的な批判は強く、日本の捕鯨を取り巻く環境はなお厳しい。

 「ようやく商業捕鯨が再開されることになり感無量だ」。小型捕鯨船5隻が出港した北海道・釧路港で、日本小型捕鯨協会の貝良文会長は喜びを語った。1日、捕獲したクジラ2頭のうち1頭はメスで体長8・3メートル、体重5・6トン。これまで調査捕鯨で捕ったミンククジラと比べ最大級という。

この記事は有料記事です。

残り1648文字(全文1966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  4. 奥行き80cmの乾燥機ドラム内に入る…壊した容疑で男3人逮捕 滋賀・コインランドリー

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです