メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

商業捕鯨、不安な船出 31年ぶりに再開 予算縮小、採算性が課題

調査捕鯨と商業捕鯨の違い

 日本の商業捕鯨が1日、31年ぶりに再開され、北海道・釧路港と山口県・下関港を出発した捕鯨船がクジラを追った。捕鯨関係者からは悲願の商業捕鯨再開に喜びの声が上がるが、鯨肉消費量は大幅に落ち込んでいるほか、資源が豊富な南極海で捕鯨ができなくなるなど不安も大きい。日本人のクジラ離れが進む一方で、反捕鯨国など国際的な批判は強く、日本の捕鯨を取り巻く環境はなお厳しい。

 「ようやく商業捕鯨が再開されることになり感無量だ」。小型捕鯨船5隻が出港した北海道・釧路港で、日本…

この記事は有料記事です。

残り1735文字(全文1966文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. ラグビー日本代表 アイルランド戦に向け 浜松で合宿スタート

  5. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです