メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

商業捕鯨、不安な船出 31年ぶりに再開 予算縮小、採算性が課題

調査捕鯨と商業捕鯨の違い

 日本の商業捕鯨が1日、31年ぶりに再開され、北海道・釧路港と山口県・下関港を出発した捕鯨船がクジラを追った。捕鯨関係者からは悲願の商業捕鯨再開に喜びの声が上がるが、鯨肉消費量は大幅に落ち込んでいるほか、資源が豊富な南極海で捕鯨ができなくなるなど不安も大きい。日本人のクジラ離れが進む一方で、反捕鯨国など国際的な批判は強く、日本の捕鯨を取り巻く環境はなお厳しい。

 「ようやく商業捕鯨が再開されることになり感無量だ」。小型捕鯨船5隻が出港した北海道・釧路港で、日本小型捕鯨協会の貝良文会長は喜びを語った。1日、捕獲したクジラ2頭のうち1頭はメスで体長8・3メートル、体重5・6トン。これまで調査捕鯨で捕ったミンククジラと比べ最大級という。

この記事は有料記事です。

残り1648文字(全文1966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです