メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

商業捕鯨、不安な船出 31年ぶりに再開 国際世論、厳しく

 日本の商業捕鯨再開に、海外の捕鯨反対団体などから反発の声が相次いだ。

 オーストラリアの反捕鯨団体「オーストラリア海洋保護協会」のダレン・キンドリサイズ最高経営責任者(CEO)は1日、「日本の行動は無責任だ」との声明を発表。「日本の捕鯨は国際社会から逸脱している」とし、「日本政府が国際捕鯨委員会(IWC)から脱退すれば国際的な法的責務も放棄できると考えるなら、それは間違いだ」と批判した。

 日本の捕鯨を長年にわたり妨害し、国際刑事警察機構(ICPO)が国際手配している反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)のポール・ワトソン容疑者(68)は毎日新聞の書面インタビューで、「文化と主張するよりも、鯨肉の消費量の減少を直視すべきだ」と訴えた。一方で、日本のIWC脱退については「南極海におけるクジラのサンクチュアリ(保護区)の設置にも反対してきた日本の脱退はわれわれの悲願でもあった」と歓迎の…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです