メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

干ばつ

穀物被害18兆円 小麦など4種、27年間の世界生産 農研機構試算

干ばつで収量が減少した地域

 干ばつによる主要穀物の被害額は、1983~2009年に世界全体で約1660億ドル(約18兆円)に上るとの試算を農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)が1日発表した。栽培面積の4分の3で1回以上被害が発生しており、多い国では3年に1回程度の頻度で干ばつを経験しているという。

 農研機構は国連食糧農業機関や米海洋大気局のデータを使い、主要穀物のトウモロコシ▽コメ▽大豆▽小麦の収量を世界全体で50キロ四方ごとに分析した。平均的な収量の傾向と実際…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 青森・八戸で女子児童が男に首切られる

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 富士登山の動画配信中に滑落か 警察の捜索難航

  5. 池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです