メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深海魚

出現と大地震は無関係 地震221回、関連分析 東海大など

若狭湾の定置網で捕れたリュウグウノツカイ。約5メートルあった=京都府宮津市の田井漁港で2018年1月11日、安部拓輝撮影

 「深海魚が現れると大地震が発生する」との古くからの言い伝えは迷信--。東海大や静岡県立大の研究チームが2011年の東日本大震災までにあった221回の規模の大きな地震を分析し、こんな結論を導き出した。チームの織原(おりはら)義明・東海大特任准教授(固体地球物理学)は「言い伝えは、防災に役立つ情報ではなかった」と話す。

 チームは、全長4メートルで赤い背びれと鮮やかな銀色の長い体が特徴の「リュウグウノツカイ」や、目が大…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです