メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライチョウ

ふ化 5羽のひな確認 長野・中央アルプス

 絶滅危惧種ニホンライチョウの生息地復活を目指す環境省は1日、長野県の中央アルプスに1羽だけ生息する雌の巣に、他の個体の有精卵6個を運んだ結果、5羽がふ化したと明らかにした。中央アルプスでライチョウの生息数を増やす初の試みで、環境省の担当者は「生息地復活への大きな第一歩。次につながる成功」と話す。

 環境省によると、1日午後2時半ごろに巣…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文220文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです