メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

SNS活用、力士身近に 土俵外発信、ファン開拓

日本相撲協会ツイッターフォロワー数の推移

 5月の夏場所14日目に優勝を決めた朝乃山が意外な一面を明かした。日ごろ、インターネット上で自分の情報を検索しており、微妙な判定で白星をつかんだ前日の栃ノ心戦については、容赦ない言葉に心が痛んだとか。古風な相撲界にあっても、力士や若手の親方たちは幼い時からインターネットに親しんだ世代。さまざまなサイトを閲覧するし、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)も活用する。日本相撲協会も、インターネットの活用で新たなファン層を開拓し、最近の人気につなげた。大相撲界のウェブ事情を探った。【村社拓信】

この記事は有料記事です。

残り1431文字(全文1682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです