メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 大坂、初戦敗退

初戦で敗退した西岡=ロイター

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は1日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕し、女子シングルス1回戦で第2シードの21歳・大坂なおみ(日清食品)は世界39位のユリア・プティンツェワ(カザフスタン)に6-7、2-6で敗れた。対戦成績は大坂の3戦3敗となった。

 男子シングルス1回戦では世界ランキング68位の西岡良仁(ミキハウス)が元世界8位のヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)に4-6、7-6、2-6、7-5、2-6で競り負けた。

 2連覇を狙う第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)や昨年準優勝の第4シード、ケビン・アンダー…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

  2. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです