メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲・技あり! 拝む じっくり攻めた竜電

夏場所は大関・豪栄道(左)を破るなど、スタミナに裏打ちされた相撲のうまさが光った竜電=丸山博撮影

 夏場所では、十両昇進後に大けがで一時は序ノ口まで落ちた竜電が初の技能賞を獲得した。豊富な稽古(けいこ)量を生かした相撲のうまさを印象づけたのは、14日目に関取最重量227キロの逸ノ城を「拝んで」退けた一番だった。

 「拝む」とは相手の両前みつを取ることをいう。両手を合わせているような形になり、神仏を拝むように見えることから定着した表現だ。さらに相手の胸に頭をつけてまわしを引きつければ、相手は上体が起きて棒立ちになる。小さい力士が大きな相手を攻める定石の一つだ。

 竜電は体重で75キロ上回る逸ノ城を、じっくりと攻めて万全の形になった。立ち合い直後のはたきを残して…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文721文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです