メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし うれしい十両昇進=武藤久

 名古屋場所の新番付で十両に5人が昇進、うち新十両4人は14年九州場所以来の大量出世だった。幕下以下は同じ星同士で対戦するからつぶしあいになり大量昇進は難しいが、夏場所では十両と幕下上位の対戦が多く組まれ、幕下力士が8勝3敗と大勝ちしていた。

 「十両」は「十枚目」が正式名称で、明治初期に「幕内」の下だった「幕下」の十枚目までの上位力士に関取待遇を与えた時からの呼称。十両の給料を出したから「十両」とも呼ばれ、いまでは俗称のほうが一般化している。

 「十両」になると関取と呼ばれ、まわしは本場所と兼用の幕下以下とは違って白いけいこまわし。本場所のま…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1160文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです