メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

磨け、主戦場の中盤=柱谷幸一

 南米選手権に出場した男子の日本代表が、1次リーグで敗退した。ワールドカップ(W杯)に挑んだ女子も、決勝トーナメント1回戦でオランダに惜敗した。ともに、特徴を生かした形でチャンスを作り出していただけに、残念な結果だった。

 男女の試合を見て改めて感じたことは、外国勢との体格、パワーの差である。上位に進んだ国のGKやセンターバック、FWは強さに加えてスピードと技術を併せ持つ。現時点で、日本がそうしたレベルにすぐ追いつくのは難しい。

 一方、1・5列目、いわゆるアタッカー、攻撃的MFのポジションは、十分に世界で戦えると再認識できた。…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文874文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです