メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性愛者

難民認定 政府、出身国での迫害理由に

 日本政府が昨年、同性愛への迫害を理由にした初めての難民認定を出したことが、出入国在留管理庁への取材で判明した。認定された難民は、出身国で同性愛行為を理由に逮捕、収監され保釈中に来日していた。3月には、日本人男性の同性パートナーとして日本で暮らす台湾人男性への国外退去処分を法務省が撤回、在留特別許可を出したことも判明している。性的少数者の権利を尊重する動きが広がっている。

 入管庁は関係者の保護のためとし、この難民認定について出身国や人数、性別、詳細な認定理由を明らかにし…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文755文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです