メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州南部大雨

土砂崩れで女性死亡 世界遺産も被害

女性1人が死亡した土砂崩れ現場=鹿児島市本城町で2019年7月1日、西貴晴撮影

 停滞する梅雨前線の影響で、九州南部は1日も激しい雨が降り続いた。鹿児島と宮崎、熊本の3県で計約57万世帯に避難指示や避難勧告が出され、鹿児島市では土砂崩れに巻き込まれた女性が死亡した。気象庁によると、九州南部と北部では4日ごろまで断続的に大雨が降るとみられ、引き続き土砂災害や河川氾濫への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、九州南部では、2年前の九州北部豪雨の原因にもなった、積乱雲が帯状に次々と連なる「線状降水帯」が発生。宮崎県えびの市で、降り始め(6月28日午前0時)からの降水量が747ミリ(1日午後4時現在)に達したほか、鹿児島県薩摩川内市や同県日置市でも500ミリを超えた。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです