メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価

訪日客、押し上げ 19年分1.3%プラス 京都・四条通43.5%増

都道府県別路線価の平均変動率

 国税庁が1日公表した2019年分の路線価(1月1日時点)で、大都市圏はいずれも地価上昇が堅調に続いた。全国の平均変動率は前年比プラス1・3%で4年連続で上昇し、上げ幅は0・6ポイント拡大。インバウンド(訪日外国人客)需要の増加を背景に、北海道など前年並みとなる19都道府県で上昇した。

 路線価の上昇率は全国トップ10のうち、近畿から京都と大阪の計6地点が入った。京都・祇園近くの四条通が、43・5%増の1平方メートル当たり244万円で全国2位。JR新大阪駅近くのニッセイ新大阪ビル前も、38・9%増の同150万円で4位だった。

 都道府県別の上昇率トップは沖縄県の8・3%で、現在の統計方法となった10年以降で全国最大の伸び幅。…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. ポルシェ無免許暴走医師に懲役10年求刑 検察側「あおり運転していた」 神戸地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです