メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「年金下げた民主と安倍内閣は違う」 三原議員、都合良すぎ? 今年度はプラス、減額幅は倍

参院本会議で安倍晋三首相の問責決議案への反対討論をする自民党の三原じゅん子氏=国会内で2019年6月24日、川田雅浩撮影

 国会演説で「野党は愚か者」との発言が波紋を呼んだ三原じゅん子参院議員。年金問題を巡っては「民主党政権で年金支給額が引き下げられていたが、安倍内閣は全く違う」と発言していたが、果たして本当なのか。ファクトチェックしてみた。

 6月24日、参院本会議。野党が出した安倍晋三首相の問責決議案に対し、三原氏が与党を代表し、反対の論陣を張った。「野党の皆さん、国民にとって大切な年金を政争の具にしないでいただきたい」と切り出し、「民主党政権のあの3年間、年金の支給額は、増えるどころか、何と引き下げられていたのです。安倍内閣は全く違います。今年、年金支給額はプラスになりました」と語ったのだ。

 厚生労働省年金課によると、民主党政権が発足した2009年度の標準的な厚生年金受給世帯(夫が40年間勤め、妻が専業主婦の2人世帯が年金を受け取り始める時)の受給月額は23万2592円で、政権最後の12年度は23万940円。3年間で1652円、1年平均で約551円減額されていた。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです