特集

日本国憲法

日本国憲法は、1947年の施行から74年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

どの党・会派が改憲勢力?簡単ではない「3分の2」に必要な議席数 参院選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 参院選で、憲法改正に賛成する勢力が参院の3分の2(164議席)以上の議席を維持するには、改選124議席のうち85議席を獲得する必要がある。非改選の121人のうち、「改憲勢力」は自民党56人、公明党14人、日本維新の会6人と、改憲に前向きな無所属議員3人の計79人。

 「改憲勢力」にカウントした非改選の無所属3人は、平山佐知子(静岡選挙区)、藤末健三(比例)、渡辺喜美(比例)の3氏。

 平山氏は毎日新聞の取材に対し、憲法9条の改正には慎重な考えを示したが、「憲法改正そのものには賛同する」と述べた。2017年に旧民進党を離党した藤末氏は、現在は参院の自民党会派「自民党・国民の声」に属している。渡辺氏は今回の取材には無回答だったが、16年参院選では、おおさか維新の会の比例枠で当選した際の候補者アンケートで憲法改正に「賛成」と回答していた。また、3氏は国会での採決で19年度予算に賛成…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文522文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る