メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高野山で多数の五輪塔発見 国内でも異例、江戸後期のものか

圓通寺から多数見つかった小型の木製五輪塔の一部 2019年7月1日午前11時38分、松野和生撮影

 和歌山県高野山(高野町)内の寺院、圓通寺(えんつうじ)から、多数の小型の木製五輪塔が見つかった。高野山文化財保存会が1日、発表した。計16の木箱に収められ、一部を調べたところ、杉やヒノキ製でいずれも高さ約9センチ、幅約3センチだった。万単位と推測される数の多さは国内でも異例で、同会は「納骨信仰をみる上で、功徳を願った一つの形として極めて貴重な史料といえる」と説明している。【松野和生】

 これまでの調査では一部の箱に「一萬五千二百十八箱入」「天保七年丙申八月改」「寶塔八萬四千基之内」などの墨書があった。江戸後期の天保年間(1830~1844年)に集められたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです