メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児相職員14歳にわいせつか 県条例違反容疑で逮捕 相談所で複数回か

職員が一時保護中の女子中学生にわいせつな行為をした疑いで逮捕された福岡市こども総合相談センター=福岡市中央区で、浅野孝仁撮影

 福岡市中央区の児童相談所で今年2月、一時保護中の当時14歳の女子中学生にわいせつな行為をしたとして、福岡県警は2日、同児相のケースワーカーを務めていた市職員、佐藤大介容疑者(36)=同県新宮町杜の宮=を県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕した。「わいせつ行為は一切していない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は2月18日ごろ、中央区の児相「市こども総合相談センター」の室内で、女子中学生の体を触るなどわいせつな行為をしたとしている。女子中学生は他にも複数回わいせつな行為をされたと訴えており、県警が余罪の有無を調べている。

 県警によると、女子中学生が3月13日に通学先の中学校の養護教諭に相談して発覚。学校が県警に通報した。同児相の事業報告書によると、同児相では0~20歳の子どもや保護者を対象に虐待や不登校、非行などの問題でケースワーカーや臨床心理士などの専門職員が対応している。【中里顕、浅野孝仁、柿崎誠】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 10人死亡か 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 京アニのスタジオで火災 1人死亡30人以上けが 男「自分が放火」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです