お遍路さん減少 外国人の割合は増加 四経連など調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
読経するお遍路さん=香川県さぬき市で、幾島健太郎撮影
読経するお遍路さん=香川県さぬき市で、幾島健太郎撮影

 四国八十八カ所霊場を巡るお遍路さんの数が減少しているとの調査結果を、四国経済連合会と四国の地方銀行4行の調査機関が発表した。全体数は減少しているものの、歩き遍路は堅調で、外国人の占める割合が増加しているという。調査報告書では、お遍路さんの受け入れ態勢強化に向けて、外国人のニーズに合わせた施設整備やサービス向上などを提言した。【郡悠介】

 調査は昨夏~今年3月に実施。宿泊施設への聞き取りや札所へのアンケート、関連データの分析を行った。四国遍路の世界遺産登録を目指す動きがある中で、宿泊施設などの受け入れ態勢を分析し、今後のあるべき姿を検討するのが目的で、6月に調査報告書を公表した。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文794文字)

あわせて読みたい

注目の特集