メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支え合う「移民時代」

多様性を素敵にする日本語支援 海外でいじめから命拾い 田中宝紀さん

外国ルーツの子供たちなどの日本語学習を支援する「YSCグローバル・スクール」を運営する田中宝紀さん=東京都福生市で2019年6月13日、和田浩明撮影

 外国人にとり日本社会で生活する上でまず必要なのは日本語だ。だが、現在の学習支援体制は充実にはほど遠い。求められる改善は何か。外国にルーツを持つ子供たちがことばを身につける手助けの専門家であるNPO法人青少年自立援助センター・定住外国人支援事業部事業責任者の田中宝紀(いき)さん(40)が処方箋を示してくれた。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2771文字(全文2945文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです