JASRACが音楽無断使用のバーと和解、経営者が使用料全額支払い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 著作権を管理する楽曲を無断で流されたとして、日本音楽著作権協会(JASRAC、東京都)が大阪市中央区のバー経営者に、楽曲の使用料約6万円の支払いや使用の差し止めを求めた訴訟は2日、大阪地裁(谷有恒裁判長)で和解が成立した。経営者が全額を支払い、今後は使用契約を結ぶことで合意した。

 訴状などによると、経営者はバーを開店し…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文317文字)

あわせて読みたい

注目の特集