メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最低賃金、東京都で1000円超えへ 厚労省が3%引き上げ検討

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は、2019年度の最低賃金を3%程度引き上げる検討に入った。目安となる時給は、4日から厚労相の諮問機関の中央最低賃金審議会で議論するが、事務局としてここ3年と同じ3%を維持する方向で取りまとめる構えだ。全国平均での上げ幅は26円に相当し、現在985円の東京都は初の1000円台に乗るのが確実とみられる。

 「時給1000円」は、政府が6月に閣議決定した経済財政運営の指針「骨太の方針」で、早期に実現させる…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文578文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです