メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最低賃金、東京都で1000円超えへ 厚労省が3%引き上げ検討

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は、2019年度の最低賃金を3%程度引き上げる検討に入った。目安となる時給は、4日から厚労相の諮問機関の中央最低賃金審議会で議論するが、事務局としてここ3年と同じ3%を維持する方向で取りまとめる構えだ。全国平均での上げ幅は26円に相当し、現在985円の東京都は初の1000円台に乗るのが確実とみられる。

 「時給1000円」は、政府が6月に閣議決定した経済財政運営の指針「骨太の方針」で、早期に実現させる全国平均の目標値に掲げられた。18年度の全国平均は874円で、26円上がると900円になる。参院選では与野党とも公約に最低賃金の引き上げを盛り込んでおり、厚労省幹部は「毎年3%を達成してきた近年の引き上げペースを続けるのは共通認識」と話す。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです