メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『フィンランド語は猫の言葉』『選ばれる女におなりなさい』

置かれた場所で咲くのに留まらず世界で咲きほこる二輪の花

◆『フィンランド語は猫の言葉』稲垣美晴・著(角川文庫/税別680円)

◆『選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論』ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ/著(講談社/税別1250円)

 私は45歳で大学生になった。45歳は十分熟年だが、今振り返るとまだまだ元気なお年頃だった。授業はどれも面白かった。試験やレポートがなければいくらでも受けたかった。ただひとつ意味がまったくわからなかったのが、情報処理の授業。パソコンでさまざまな表をつくったり、データを入力してグラフにしたり。パワーポイントでスライドを作ってプレゼンテーションする授業もかなり辛(つら)かった。「これらのスキルがこの先の私の人生でなにかの役に立つのか」と、授業のたびに、中学のマラソン大会の時と同じ苦しみが胸を締め付けた。だが脳みそは少々固くなっていたとはいえ、私は日本の大学で日本語で授業を受け、終われば可愛い猫の待つわが家へ帰ることができた。『フィンランド語は猫の言葉』の著者、稲垣美晴さんがフィンランドで体験した大学生活に比べたら、屁(へ)の河童(かっぱ)だ。

 文庫本として最近出版されたこの本の初版は1981年。フィンランドの美術史に興味のあった稲垣さんは、…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1543文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです