メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

英東部に巨大ニシキヘビ、「人間に害はない」と捜索打ち切り

[PR]

 [ロンドン 1日 ロイター] - 英国警察は1日、東部ケンブリッジで目撃された体長約3メートルのニシキヘビについて、人間に危害が及ぶ恐れはないとして捜索を打ち切った。

     ニシキヘビはアジア原産で、ヘビとしては世界最長。6月30日の朝、路上をうねうねと進んでいるところが最後に発見された。

     警察は「この後は目撃されていない」とし「小さな生物にとって危険なだけだ」と説明した。所有者も判明したと述べたが、詳細は明らかにしていない。

     毒ではなく締めつけることで獲物を仕留めるニシキヘビは、通常はネズミなどの哺乳類を食べるが、野生や捕獲された状態ではヒトの死亡例がいくつか報告されている。

     英王立動物虐待防止協会(RSPCA)の広報担当は「外来種とみられるヘビを見つけたら、安全な距離を保ちながら監視し、当協会のヘルプラインに電話してほしい」と述べた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

    2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

    3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

    4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

    5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです